【柴犬と楽しい生活を送るための工夫】より暮らしやすい環境を追及

婦人

主な3つの火葬方法

遺骨

ペット火葬には、主に3つの方法があります。立会火葬、個別火葬、合同火葬、この3つです。これらの3つの火葬方法は、共通している部分もあれば、大きく異なる部分もあります。

More...

柴犬の飼い方や注意点

柴犬

柴犬は、とても運動量が多い犬種だと言われています。室内外問わず、常に元気に走り回ったり遊んだりするので、毎日散歩に連れて行ったり、遊んであげたりしましょう。散歩の回数は1日2回が適当です。朝に1回、夕方に1回が理想です。午後の気温の高い時間帯に散歩に連れて行く人もいますが、気温が高い時間帯は地面も熱くなっているので、肉球を火傷してしまう恐れがあります。なるべく涼しくなる時間帯まで待つようにしましょう。また、食後ではなく食前に散歩に連れて行くようにしましょう。食後だと胃に大きな負担がかかってしまうからです。より暮らしやすい環境を追及していきましょう。

柴犬は体毛が多いように見えますが、実は短毛種の一種に含まれる犬種です。そのため、定期的なトリミングは特に必要ありません。ただ、春と秋の換毛期にはかなりの量の毛が抜け落ちます。この時期に何もせず放置しておくと、何かしらの皮膚トラブルが発生する恐れがあります。時期に差し掛かったら、丁寧にブラッシングをかけてあげましょう。これは毎年意識しておくべき部分でもあります。シャンプーの頻度は、月に1回、多くても2回が適当です。専門店にシャンプーを依頼するのであれば特に何かをする必要はありませんが、自宅でシャンプーをする際は必ずシャンプー後にドライヤーをかけてあげましょう。ドライヤーをかけてあげないと、皮膚疾患を発生させてしまう可能性が生まれるからです。柴犬はシャンプーやドライヤーを嫌がるクセを持っているので、小さい頃から慣れさせておくと良いでしょう。

ペットホテルの利用について

たくさんの動物

岡山にあるペットショップは、今人気のある種類の犬や猫を多く揃えています。また動物たちだけでなく、飼育に必要なアイテムも数多く揃えています。ペット用のホテルを商品の1つとして取り入れているペットショップもあります。

More...

様々なサービスの提供

診察

動物病院が提供するサービスの内容は、年々多様化してきています。診療や治療はもちろん、最近は超音波診断装置を使っての妊娠チェックや、しつけ教室の開催なども手がけています。千葉県内には多くの人から高い評価を受けているペットショップが数多くあります。

More...