柴犬と楽しい生活を送るための創意工夫|生活の知恵

レディー

主な3つの火葬方法

遺骨

ペット火葬には、いくつかの方法があります。現在よく利用されるのは、「立会火葬」、「一任火葬」、「合同火葬」、この3つの方法です。立会火葬は、家族立会のもとで個別に遺体を火葬する方法となっています。火葬後に出た遺骨は家族で拾えるシステムとなっています。遺骨を納める骨壷の料金は、火葬代に含まれているケースがほとんどです。火葬中は霊園内に設けられている待合室で待ち、その遺骨はペット火葬を行なう会社が管理している霊園内にある外苑墓地か、もしくは室内にある納骨堂に納めることができます。一任火葬はスタッフの手によって火葬が行なわれるシステムとなっています。それ以降の流れは立会火葬と同様となっており、外苑墓地や霊園内に設けられている納骨堂に納骨することができます。合同火葬は、立会火葬や個別火葬とは違い、他のペット複数の遺体と一緒に火葬をする方法となっています。立会火葬や個別火葬よりも料金がやや低めに設定されています。注意しておきたいのは、火葬後の遺骨に関することです。合同火葬の場合、他のペットの遺体と骨が混じってしまうので、遺骨を拾うことはできません。一緒に火葬した遺体から出た遺骨は、まとめて共同墓地に埋葬する流れとなっています。ただ、合同火葬はセレモニーを行なうことができる場合もあります。セレモニーを行なった場合、お経を流し、家族それぞれでお焼香ができる流れとなっています。これらのペット火葬方法は、各ペット葬儀会社によって細かく内容が違ってくる場合があります。ペット火葬を葬儀会社に依頼する際、相談するペット葬儀会社の担当者に話を聞き、家族もペットも納得のいくような方法で葬儀を行ないましょう。